シンセン和僑会メールマガジン登録フォーム

お名前 メールアドレス

第9回深セン和僑会議事録 EC-Connexion.com Inc. 佐藤 英彦 先生

第9回深セン和僑会議事録 EC-Connexion.com Inc. 佐藤 英彦 先生 2007/06/09

開催日時: 平成19年6月9日(土) 19:20~20:40
議題: 元ジェットパイロットがセスナ会社を経て複数インターネットビジネスで成功するまでのストーリー。
講師: 佐藤 英彦 先生
開催場所: 羅湖爵士大厦
記載者: 深セン和僑会事務局  田中 修一
出席者数: 40名

佐藤氏は現在データベースを利用したウェブシステムを開発する株式会社コネクトインターナショナルと、商材をネット上で販売するEC-Connexion.com, Inc.を経営。この2つの会社の運営から現在年商5億円を生み出す成功を収めている。講演では、年商5億円の会社を作り上げるまでの波乱万丈なビジネス人生を惜しみもなく公開した。

会社紹介

株式会社コネクトインターナショナル データベース技術を駆使したウェブアプリケーションの開発などを手かげる。顧客や会員、商品や製品など多数の個別データを一元化し経営の効率化を提供する。この他、各種ホームページ作成、社内LANの構築業務も行う。

EC-Connexion.com Inc. 「わくわくの気持ちを大切にする」をキーワードにネット上で商材を販売する。歯を白くするファストホワイトや、美容整形しなくてもしわが無くなるDECEPTIONなど、アメリカで大ヒットした商品をドロップシッピングという独自の販売法を用いて日本市場で販売している。

佐藤氏の生い立ち

<パイロットになりたい> 少年の頃、叔父に連れられ名古屋で開催される航空ショーに行ったことが第一の人生の転換期だった。目の前を物凄い爆音で飛んでいくジェット機を見て、自分はジェットパロットになることを心に誓った。

高校卒業後、定員数80名、倍率1555倍の航空自衛隊航空学校に晴れて入学。この時の強い想い、「なりたい→なれる→ならなければならない」という思考過程が今後のビジネス人生の原点になっていく。

しかし、その道のりは順風満帆ではなく、途中で視力が基準以下にまで低下。身体的理由からパイロットには適していないと判断され、断腸の思いで除隊することとなる。

整備士としての道を歩むこともできたが、どうしてもパイロットになる夢を捨てることができなかった。そんな時、新聞配達をしながらパイロット養成学校に通うことができる教育プログラムがあることを知り、そこへ入学。だが、それは新聞配達の人材を集めるための口実で、実際にパイロットになるためにはあまりにも非現実的なカリキュラムだったことを後になって知る。

<アメリカへ行こう> 佐藤氏、21歳。アメリカで航空操縦免許を取得しようと思い立つ。このための資金を稼ぐためにリクルート社にアルバイトとして入り、営業を勉強した。

2年後、晴れて資金もでき、夢にまで見た渡米が実現した。アメリカの地を踏んでからは驚きの連続だった。道の広さ、ビルの高さ、商品のディスプレー、そしてモノの安さ。日本で売られている米国製品が本国の4~5倍で売られていることにこの時気づく。全てがカルチャーショックだった。同時にビジネスチャンスをここで垣間見る。

以前勤めていたリクルートの上司から薦められたナポレオン・ヒルの「成功の哲学」で発想の転換を学ぶ。これまでに燻っていたパイロットになる夢が閉ざされた現実をプラスに考える方法をここから学んだ。

<ドロップシッピングとは?>

  1. メーカーと直接交渉し、日本での販売独占権を取得する。
  2. メーカー側がはじき出した送料、および手数料込みのカートンの価格を製品個数で割り、その価格にEC-Connexionの利益を上乗せして製品をネット上で紹介する。
  3. 一個人が個人輸入するという形でEC-Connexionに購入を申し込む。
  4. 顧客のクレジットカード情報をメーカー側に渡し、メーカー側で決済、その後、EC-Connexion側にメーカー側から同社の利益分をバックする。
  5. EC-Connexion側は在庫を持たず、メーカー側からエンドユーザに直接発送する。

アメリカ人はロジカルに説明すれば、Yesと言う。事実、佐藤氏はこのロジックで数々の米国メーカーから日本での独立販売権を取得している。「やりたい→やれる→やらなければならない」の思考プロセスがまたもやプラスに働いた瞬間だったと佐藤氏は当時を振り返る。

こうして、「わくわくの気持ちを大切にするEC-Connexion.com, Inc.」が立ち上がった。同サイトでは、データベースを駆使し、セールスレターを効率的に打つなどの営業ツール機能も完備した。この手法を立ち上げてから6年、同社は順調に売り上げを伸ばしている。

また、立ち上げ当初はクレジットカードでの決済だけだったが、その後、代引きでの発送も開始した。現在ではこの方法が全体の6割を占め、売り上げは以前の2倍にまで成長した。

<まとめ> これまでの流通の常識と考えられていた方法に囚われて最初からできないと諦めていたら、佐藤氏の成功は決してなかっただろう。

パイロットの夢が閉ざされた時、そこから這い上がるために不可欠だった「発想の転換」。そして、何よりも「なりたい→なれる→ならなければならない」という想いに掻き立てられ、ただただ前に進むことだけに集中してきた佐藤氏。全てのマイナスをプラスに変えた同氏に学ぶことは大いにあったと思う。

EC-Connexion.com Inc.が運営するサイトは、何れも購買欲を掻きたてる様々な工夫が凝らされている。インターネットという広大な海原で、ウェブサイトを営業ツールとして有効に活用したいと考えている経営者には是非とも訪問していただきたい。

<発想の転換> 「普通のパイロットではただの雇われ者、自由に空を飛ぶなら飛行機のオーナーにならなければならない。そのためにはどうしたらいいか?そうだ!社長になろう!経営をもっと勉強して会社を作ろう!」

発想の転換でパイロットになる夢を再びプラス思考に変えた佐藤氏は、その後商社の飲食事業で3年間再び営業を勉強、途中、カリフォルニアへ1年駐在し現地の店の建て直しプロジェクトに携わる。

<独立準備> 帰国後、いよいよ独立準備に入る。米国製のレーザー関連商品を日本で販売する事業を立ち上げるが、メーカーから日本での独占販売権を得る交渉がなかなか進まなかった。メーカーの副社長は以前日本企業との取引でとても嫌な思いをさせられていたためだった。しかし、佐藤氏は自分の商品に対する思いを毎週1回FAXでメーカー副社長に送り続けた。

3ヵ月後、“You’ve got a deal!”(取引しましょう!)のFAXが返信されて来た。「やりたい→やれる→やらなければならない」の思考プロセスがまたポジティブに展開した瞬間だった。

<売れるはずの商品が売れない・・・> メーカー側からの条件は500個購入すること。当時、東急ハンズで同じ商品が5万8000円で売られていたので、これを1個US$35で仕入れて日本で2万2800円で販売すれば十分に儲けがある計算だった。

父親から借金してメーカーから製品を500個購入。問屋に卸すのではなく、モノマガジン(広告費は45万円)を利用し、エンドユーザへの直接販売を試みたが、売れたのはたった3個だった。

売れ残った商品をおもちゃ屋へ持ち込んだが門前払い、やむを得ず、東急ハンズで販売してもらうよう頭を下げてお願いした。先方は販売を了承したが・・・・それでも売れない。

販売ブースに暗室を設けたらどうかというアイデアが浮かんだ。レーザーは明るいところではその効果がよくわからないからだ。そこで暗室を設けたら少しずつ売れ出し、最終的に450個の販売に成功した。

<売れに売れた!しかし在庫で泣かされることに・・・> その後、会社は順調に成長、様々な商品の販売を手かげたが、その一方で資金繰りの問題にも直面していた。

売り上げが上がっても、次の商品を仕入れるために毎回現金が必要だった。その現金を得るために借金しなければならなかった。結局、会社に残る金はそれほど多くなく、経営的にはまだまだ改善の余地があった。

そんな矢先、詐欺事件に遭ってしまう。当時人気商品だった「宙に浮く地球儀」を1000個、コンテナにして2個分を騙し取られてしまった。この時、在庫を持つリスクがいかに怖いかを思い知らされた。また営業して買ってもらうスタイルから抜け出さなければならないとも考えた。

<在庫なしでモノを売りたい!> 丁度、アメリカはIT産業が急成長していた。これからは、インターネットだと考え、プロバイダ事業を展開しようとカリフォルニア州サンノゼへ向かう。ここでホームページ制作とデータベースの技術を取得する。

その後、データベースを利用して何か出来ないかを考え続けた。 また、「インターネット上でモノを売りたい、でも在庫は持ちたくない。これをいかに実現するか?」を思案した。

たどり着いたアイデアは、「在庫を持たずに客だけを集め、メーカーから直接発送してもらう。そうすれば在庫を持たずにモノを売ることができる。」だった。これがドロップシッピングを始める最初のきっかけとなる。

しかし、メーカーは通常、カートンごと、あるいはコンテナごとでFOBでモノを売るのが常識。誰に相談しても、「それは無理な話だ」と言われ、「諦めろ!」とされ言われ続けた。

佐藤氏は諦めなかった。アメリカのメーカーは本土とヨーロッパをターゲットにして商品を開発しているため日本市場は重要視していない。そこで、佐藤氏は、メーカーが日本の個人に販売するきっかけを佐藤氏が作り上げ、実際に販売が発生したら利益は全部メーカーのものとなることを力説。その販売手法をロジカルに説明した。

 

第9回深セン和僑会 株式会社コネクト・インターナショナル 佐藤秀彦氏

第9回深セン和僑会 株式会社コネクト・インターナショナル 佐藤秀彦氏 2007/06/09

 

~元ジェットパイロットが、セスナ会社を経て複数インターネットビジネスで成功するまでのストーリー~

 

 

 

【講師】

株式会社コネクト・インターナショナル

http://www.connectint.co.jp/

代表取締役  佐藤秀彦 氏

 

高校卒業後、航空自衛隊航空学生(パイロット養成学校)。除隊後、リクルート社で営業を経験。航空機操縦免許取得のため米国へ留学。帰国後、商社の飲食事業でフロリダへ1年駐在。帰国後、通販商材の独占販売権を基に起業。

 

バブル崩壊後、システム開発へと転業。大手メーカーの基幹システムの開発を手かがける。現在は、無在庫、無店舗、直販システムを確立し、ドロップシッピングで複数の商品を拡販中。

自衛隊ジェットパイロットが目を悪くしたが為に無念の退職。

セスナ会社で、航空ビジネスへ復帰したものの経営悪化・・・。

大量の書籍を読んで得た、「ワクワク系マーケティング」との出会いとは?

「星に名前を」「歯のホワイトニング」他多数、アイデアが湧き出るネット・ビジネス成功法則。

今後の中国へ期待すること

 

第8回深セン和僑会議事録  クオリティーマインド 林 徹彦 先生

第8回深セン和僑会議事録  クオリティーマインド 林 徹彦 先生 2007/04/21

開催日時: 平成19年4月21日(土) 19:20~20:40
議題: すべての会社が収益を上げる秘密は工場の経営管理にある。
講師: 林 徹彦 先生
開催場所: 羅湖爵士大厦
記載者: 深セン和僑会事務局  田中 修一
出席者数:

年々中国生産品のシェアが広がるに連れ、その品質要求が格段と高まっている。その中で顧客を満足させるためには正しい企業活動の有り方を持ってそれを実現することが必須である。

企業活動とは・・・

1. 企業が物やサービスを顧客に提供することに対し、その対価を受け取る過程で顧客満足を実現し、更には顧客歓喜を生み出すこと。

2. 常に品質改善を行うことで経営革新を実現し、利益増加を生み出すこと。

顧客満足とISO9001の要求事項について顧客満足とは顧客の要求事項が満たされている程度に関する顧客の受け止め方。一方、ISO9001の要求事項では顧客の要求事項を定義してこれを満たすことを顧客満足と定義している。

一般的な企業では顧客満足センターがクレーム対応部署として機能するが、このような一部の部署でのクレーム対応業務のみでは、顧客満足センターというよりも、むしろ顧客不満足センターに陥りやすい。これは、前述した「顧客満足」や「ISO9001の要求事項」の定義だけでクレーム対応業務を行おうとする企業が多いためである。

一部の部署に所属する従業員だけでなく、全従業員が顧客を満足させたいという精神を共有する企業文化を各現場に浸透させることができれば、顧客満足を超越した顧客歓喜を生み出すことができる。

顧客歓喜とは・・・言葉にされない願望に対し期待をはるかに超える驚きを伴った反応。顧客歓喜を生み出すことによって顧客を企業の信者にする。(信+者=儲)

例1:食後のケーキサービスはメニューに書いていなければ大変喜ばれるが、メニューに書いてあると当たり前のように思われてしまう。裏メニューがお客にとって思わぬ感動を生み出すことがある。

例2:某ホテルでは決められたマニュアルどおりに動くよりも、顧客の視点からフレキシブルに規則を変えて顧客を満足させるという企業文化が根付いている。(プールのオープン時間の話)

例3:中国の電化製品メーカー、ハイアールはサービスセンターの係が電話に出て30分後にはサービスマンを派遣できる体制を整えている。

例4:砂漠で故障したロールス・ロイスを修理するためサービススタッフをヘリコプターで派遣。その後同社が顧客に行った対応は思いがけない顧客歓喜を生み出すものだった。これも企業文化を象徴するという逸話など。

顧客歓喜を全社員が生み出す企業文化の構築顧客歓喜を常に生み出す企業文化を構築するには品質改善と経営革新が欠かせない。品質改善、つまり品質保証の5段階を経て理想的な経営革新が成される。その最終ステージに到達して理想的な企業文化が構築される。

品質保証の5段階とは・・・

不良品を作らないために・・・(その1)不良品を始めから作らないようにするには、まず生産管理の基本、4M管理を理解することが必須。これらを全て満たすことで品質が安定する。4M管理(生産管理の基本)

①人[Man] ②設備・機器[Machine] ③材料[Material] ④方法[Method]

※4Mの変動は品質、生産性に影響を与える。※4Mの安定はリーダーの責任※人はそれ以外の3Mを管理するので最も重要※教育・訓練・作業指導書・日常点検・識別管理

不良品を作らないために・・・(その2)5S(品質保証の基本)を科学的根拠に基づいて5Sを徹底すれば、製品性・品質を改善することができる。※5Sの考えは中国語でも翻訳され、中国企業でも採用されてきている。

5S(品質保証の基本)整理:必要な物と不要な物の区別を明確にし、不要な物を捨てる。整頓:必要なものを定位置に定量置き、表示を明確にする。清掃:職場内をきれいに清掃し、汚れの発生を防ぐこと。清潔:上の3Sを徹底し、維持できるようにすること。躾:人がきちんと決まりを守るようよい習慣を身につけさせること。

※これらを徹底することで、道徳の向上、無駄を低減、問題を表面化、不良を表面化、効率の向上、安全性の向上、運転率の向上、納期管理、顧客信用に繋がる。※客が来るから掃除するのではない。常にその状態を保つことに意味があり、あくまで科学的根拠に基づいて徹底しなければならない。

不良品を作らないために・・・(その3)問題解決の基本として5ゲン主義を徹底する。

5ゲン主義①現場で、②現物を見て、問題点を③具体化し、④原理・原則に基づき、⑤現実的な解決方法を制定すること。※5ゲン主義の実践が問題解決の基本である。※偶然の成功は必ず問題点が再発する。

顧客満足を支える三要素

①品質保証(QA):QMS ISO9001 ②品質改善(QI):QI品質改善③クオリティマインド(QM):品質第一の心※これらを包括的に支え、顧客満足、しいては顧客歓喜を生み出す根底には独特の企業文化がある。

企業文化の定義企業を構成する人々によって習得・共有・伝達される行動様式ないし生活様式の総体であり、経営者の思い(企業の目的目標)を支えるもの。

企業文化とは・・・企業文化とは人である。人がありて企業が存在するならば、その個々がどんな企業文化の下で仕事をするかでその企業の将来が決定する。

従業員達は・・・

①働く喜びと誇りを感じているか?②組織の不断の成長を意識しているか?③知識を共有しているか?④助け合い学びあう心を持っているか?⑤共に成長する喜びを感じているか?※設備は導入したその日から減価償却が始まり価値が減る。※人は雇ったその日から適切な指導により成長し価値が増える。例1:NASAで掃除夫として働くスタッフに職務を尋ねると、「宇宙にロケットを飛ばすことだ。」と自信を持って回答する。

正しい企業文化を構築するために・・・まずは理念、目的・目標、情報など知識の共有が重要。トップが共有の姿勢をきちんと示すことから始まる。知識を能力に交換する現場教育を徹底し、知識の進化と共有が連続して好循環を生み出すプロセスで企業文化は育つ。

知識の進化と共有のプロセス(知識を能力に変換)

経営者の想いを形に落とす実際に仕組みを作り、計画し、実行する。ただし、基盤となる企業文化がどんなものかによって、それが機能するかしないかが決まることが多々ある。

仕組み: 人事制度・給与制度・教育制度
仕掛け: キャリアコミュニケーションシート
職種・職能別ジョブディスクリプション
個人別スキルマップ・教育計画
目標管理・実績シート

企業文化をコアコンピタンスに!①制度、政策は他の会社も真似ができる。②企業文化は他では真似ができない。※企業文化が再生産・進化する仕組みと仕掛けを以って企業競争力源泉とする。※ディズニーランドの従業員の行動はマクドナルドでは使えない。

まとめ5ゲン主義に基づいた強い現場力を徹底すると同時に、経営者が適切と考える企業文化を企業全体へ浸透させる努力が最も重要な課題と言える。その企業文化を社員らが誇りに思い、一人一人が顧客満足に対する意識を高め、しいては顧客歓喜を生み出す好循環を作り出すことができれば収益は自ずと増加する。