【9/12】深セン和僑会第84回定期交流会 「東莞・深セン共催!「家(JIA)」から学ぶ モチベーション向上術!!」(第19回東莞和僑会定例会)

皆さん、こんにちは!深セン和僑会事務局の酒井です。

9月12日(土)の定期交流会のご案内です。9月の交流会は、東莞和僑会との共同開催の企画になります。東莞駅前ホテルという好立地での開催となりますので、普段東莞在住者と交流の薄い方、是非この機会にご参加検討下さい!

今回は、2014年シチズン・オブ・ザ・イヤーを受賞された原田燎太郎さんを囲んで、仕事に対するモチベーション、貢献意欲について考えたいと思います。原田燎太郎さんは、中国のハンセン病元患者の隔離村でのボランティア活動で、シチズン・オブ・ザ・イヤーを受賞されています。

お申込はこちら↓からお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/329064/

シチズン・オブ・ザ・イヤー受賞 原田燎太郎↓
http://www.citizen.co.jp/coy/archive/2014_03.html

原田さんが運営する「家(JIA)」は中国人学生ボランティアによって、ハンセン病隔離村で過酷な生活を余儀なくされている元患者を支援しています。

「家(JIA)」↓
http://jiaworkcamp.org/jp/Default.aspx

学生ボランティアたちは隔離村に住み込み、ワークキャンプという形でボランティア活動を行っています。

私も、先日8月1日に開催した日帰りでのスタディツアーに参加して、隔離村を初めて訪問し、2時間ほどでしたが鍬を持って畑を耕し、農作業のお手伝いをさせて貰いました。たった2時間でしたが、ぶっ倒れてしまうほどの重労働でした。

「家(JIA)」の活動では、2001年から2012年までに11,410人のボランティアがワークキャンプに参加し、隔離村に住み込み、村の家屋を建て、道路や水道を整備してきそうです。2時間の農作業など比べ物にならないくらいの労働量に驚き、そのモチベーションがどこから湧いてくるのか、正直不思議で仕方ありません。

今回の交流会の企画では、原田さんのプレゼンテーションと東莞在住実業家によるパネルディスカッションを通して、学生ボランティアのモチベーション向上の秘密を解き明かして、私たちの日々接する中国人の部下や従業員の貢献意識向上へのヒントを得たいと考えています。

--------------開催概要/お申し込み--------------
深セン和僑会第84回定期交流会 「東莞・深セン共催!「家(JIA)」から学ぶ モチベーション向上術!!」(第19回東莞和僑会定例会)

講演会+パネルディスカッション
テーマ:従業員のモチベーション向上 「家(JIA)」の事例から
講師:原田燎太郎氏

日時:2015年9月12日(土)15:00~20:00 (受付14:30~)
場所:東莞方中假日酒店会議室 (高速鉄道東莞駅 茶山側出口目の前 徒歩で移動可)
住所:東莞市茶山鎮茶山大道西28号
地図:http://j.map.baidu.com/sAlT5
※深セン(羅湖)駅から東莞駅まで、鉄道(和諧号)で40分、59元で行くことができます。切符購入などご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください!

参加費:300元(懇親会費用込み)
定員:50名(先着順)

お申込はこちら↓からお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/329064/
※受付確認メールには問い合わせ先を東莞和僑会宛で記載していますが、深セン和僑会へお問い合わせ頂いても構いません。

当日スケジュール
14:30~15:00 受付
15:00~17:00 講演+パネルディスカッション
17:30~20:00 懇親会

お問い合わせは、メールでお気軽にどうぞ
<お問い合わせ先>
http://www.szwakyokai.com/inquiry/
Facebook: 深セン和僑会
--------------------------------------

コメントを残す