第11回深セン和僑会 Life On 3D Limited 代表取締役 永島 蓮太郎

第11回深セン和僑会 Life On 3D Limited 代表取締役永島 蓮太郎 2007/09/08

 

<セカンドライフ:パソコンの中のバーチャル世界ビジネス~始め方から企業メリット、インターネットの未来までを語る~>

 

 

 

 

 

【講師】

Life On 3D Limited

代表取締役永島 蓮太郎

http://lifeon3d.com

 

 

立命館大学経済学部、中国人民大学2年修了。

 

2003年某日本上場家具会社勤務、のちインターネット関連事業で香港起業を果たす。中国留学2年間でHSK(中国語能力テスト)高級9級取得。帰国後、近畿圏デパート各地で日々12時間もの販売のアルバイトをしながらも半年でTOEIC480点から680点を取得。

 

入社後は2年半で海外出向、中国広州市で1年半の実務経験を経て、2006年より中国市場をターゲットにしたSNS「QOMU!」を自ら傍らで知人とプログラミングしはじめる。

 

投資家を募りながら2007年5月香港に自らの会社「Life on 3D(ライフ・オン・スリーディー)」を設立し完全に独立を果たす。

 

7月に『セカンドライフの儲け方』(あさ出版)を出版。

 

【この講演でわかること】

 

ホームページ、ブログ、SNS(ミクシィ)と発展してきたインターネット進化論の未来がわかる。

 

日本で話題沸騰の「セカンドライフ」はじめ方がわかる。

 

パソコンの中のバーチャル世界ビジネスの現状がわかる

※セカンドライフというアメリカ発のサービスを事例にします。

 

バーチャル世界への企業メリットがわかる。

 

個人・企業のバーチャル世界への参入すべき時期がわかる。

 

コメントを残す