Zoomによる”中国の事例からコロナに負けない経営を考えよう”に参加して

前回同様、上海和僑会主催のオンライン講座

本日中国時間13時からスタートした

『中国の事例からコロナに負けない経営を考えよう』に参加してきました。

現在のコロナウイルス状況下、生き残っている企業は、

OMO(オンラインとオフラインを統合させた戦略)を

行っており業績を上げている例を知りました。

”盒馬”(生鮮食品ECサイト)は、このコロナ状況下に

220%売り上げていたり

S2B2C(KOLなどを活用したビジネスモデル)で

成功している”ラッキンコーヒー”など

の事例から、ライブ配信などのオンライン戦略について考える

グループディスカッションもあり、

今のコロナウイルス状況下をどう生き抜くかを

考えるよい機会だったと思います。

今のこのご時勢、オンラインを活用してどう生きるか?

または利益を伸ばしていくか?

このコロナの時期で考え、実践し生き残っていくこと

さらにAfterコロナの新しい時代には必要なことなのかもしれない

と言うことがよくわかりました。

あと、最後に言っていた

利他主義は、合理的な利己主義

人のためにやることが最終的に自分のことになる!

と言う言葉に、ビジネスの根源があるのだなと思いました。

また、オンラインセミナーに参加していきたいと思いました。

2020年4月25日 Zoomによる”中国の事例からコロナに負けない経営を考えよう”に参加して はコメントを受け付けていません。 議事録、感想