第69回定例会 関根 雅泰氏講演 『仕事の教え方』

69回定例会 関根 雅泰氏講演 『仕事の教え方』 2013/11/12

第67回深セン和僑会定例会

「仕事の教え方」

株式会社ラーンウェル 関根雅泰氏

◆教える際の「苦労」と「工夫」は、何か? ⇒ ひとそれぞれ

◆そもそも何のために仕事を教えるのか? ⇒ 他人にやってもらうため

◆教える前に、内容(仕事一覧表)を作成する。 ⇒ 仕事の見える化 ⇒ チェックリストにつなげる。

◆教える際の基本

教える相手を理解する。(どのくらい知っているか?)

パノラマとフォーカスを繰り返す。(全体像だけ伝えるのではなく、ポイントにフォーカスすると相手にも見えやすい。)

◆学習とは『獲得』である。 相手に何かを得させること。相手が得られなければ、教えたことにはならない。知っていることをぶちまけるだけでは、伝わらない。相手にとって、分かりにくい説明と分かりやすい説明があることを知る。必ず理解度を確認すること

 

コメントを残す