第64回定例会 『6,000名以上と創り上げた売上向上の必勝パターン!』

64回定例会 6,000名以上と創り上げた売上向上の必勝パターン!』 2013/06/25

第64回深セン和僑会定例会議事録

日時:6月15日(土)18:00~20:00(17:30受付開始) (懇親会:20時半~23時)

講演テーマ:『6,000名以上と創り上げた売上向上の必勝パターン!売上2~3倍は当たり前の売上を上げるノウハウを全て伝えるワークショップ型実践会』

講演者:(株)ドリームマーケティング代表取締役 脇田勝利氏

会場:平安銀行大厦6階1号会議室

参加者:講演会29名、懇親会24名

幹事、議事録:木津

去る6月15日(土)、第64回深セン和僑会定例会におきまして、(株)ドリームマーケティング代表取締役で「ブータン式夢と幸せを実現する売上向上&経営コンサルタント」の脇田勝利氏より、『6,000名以上と創り上げた売上向上の必勝パターン!売上2~3倍は当たり前の売上を上げるノウハウを全て伝えるワークショップ型実践会』というテーマで、ご講演頂きました。足元が悪い中にもかかわらず、29名の方にご参加頂き、脇田氏の話もとても熱くて面白く、大変熱気のこもった講演会となりました。

<売上を増やすにはどうしたら良いか?>

・差別化とブランディングが必要。

・売上を上げる唯一の要素はコミュニケーションである。

・100%断れない提案書を作れば、50%ぐらいの成約率になる。

・見込み客のリスト化が必要。

・見込み客が顧客、常連になるまで、階段を登りやすい仕組みを作る。

<リピート客を増やすには?>

・俺のフレンチ→通常2~3万円するコース料理を4~5千円で食べることができる。広告代をかけず、立ち飲みフレンチ形式、1日4回転させている。業界としては非常識なサービスを提供した方が、見込み客が集まりやすい。

・東京ディズニーランドが過去最高益→子供の頃から常連・リピーターになる人達が多い。

・ジャパネットたかた→物を売らずに、価値を売る。

・明治プロピオヨーグルト→商品ではなく、効果を売る。50代の80%がピロリ菌に感染している。

お客様の悩み、心の問題にフォーカスする。

<ナンバーワンではなく、オンリーワンを目指す>

・自社の強みと顧客の満たされていないニーズがマッチする所にチャンスがある。

・最初に自社サービスの価値を上げる。

・営業マン不要。専門家としてのアドバイスを提供する。

・仮説と検証を繰り返す。

・見積りは最後に出す。

<ブータン式夢と幸せとは?>

・ブータン人の夢は、家族と一緒にのんびり暮らすこと。

・あるブータン人の男性は、午前中に100本の焼きとうもろこしを売り、午後は家族とのんびり暮らしている。

・日本人はホワイトカラーの生産性が低い。もっと効率的に働いて、家族と過ごす時間を増やした方が良い。

今回の講演会にご参加頂いた皆様は、業種・年代・顧客層がそれぞれ異なるので、皆に共通する売上向上の必勝パターンは本当にあるのか、私も最初は半信半疑だったのですが、脇田氏の話は非常に説得力があり、多くの参加者が熱心に耳を傾けている様子が印象的でした。そして、何のために売上をあげるのかという根本的問題ですが、それは自分のためでも会社のためでもなく、ブータン人のように家族と過ごす時間を増やすために、日本人はもっと効率的に働きましょうという話が最後にあり、会場がほのぼのとした雰囲気に包まれました。頭では分かっているのですが、それが本当になかなか難しい、ですね。

 

コメントを残す