第54回 定期イベント 講演『部下を本気にできる上司 できない上司』

第54回 定期イベント 講演『部下を本気にできる上司 できない上司』 2012/05/28

日時:2012年5月26日(土)14:30-17:00(懇親会17:30-20:30)
講演テーマ:部下を本気にできる上司 できない上司
講演者:株式会社エンパワーリング 代表取締役
    メンタル&コミュニケーション・コーチ:上村 光典氏
会場:広州市景星酒店3階会議室
懇親会:同ホテル内順徳料理屋
参加者:約30名
主催:深セン和僑会、広州和僑会共催
幹事、議事録:梅山
今回も楽しい一日を過ごさせて頂きました

上村氏は世界ドリームプラン・プレゼンテーションにおいて常連のコメンテーターとして
夢のプレゼンターに熱いメッセージを送られている方です

今回は、2年前に深センで行われました和僑ドリプラでプレゼンターをつとめました
広州市在住の大高勇気さんと上村さんのご縁で実現した講演でした

講演時間2時間のなかで、関西弁マシントークが炸裂、漫才を観ているかのような
楽しい時間を過ごさせて頂きました
内容も素晴らしい内容で

特にエンパワーメントという言葉に込められた意味は非常に大きな気づきを頂きました

エンパワーメントというのは他人に力を与える事を言います

例えば、

会社で会議をしている時、この人の参加する会議はいつも話が盛り上がって
どんどんやる気になる

飲み会でこの人と一緒に飲んでいると楽しくて、わくわくしてくる

そういった環境を作る人をエンパワーメントがある人と言います
逆に、会議をしていると、あいつが悪い、お客が悪い、社長が悪いといって
愚痴ばかりを良い、周りの人のやる気を落とす人

お酒を飲んでも人の悪愚痴を言ったり、自分の自慢話ばっかりで、
一緒にいる人のお酒をまずくする人

こういう人をディスパワーメントがある人と言います
たぶん、一概にこの人はエンパワーメントな人、あの人はディスパワーメントな人と
言い切ることはできないと思います

おそらく誰もが皆、両面を持っているんだと思います

ただし何も意識していないと、結構ディスパワーメントを発揮しがちです

人は多くの問題に日々突き当ります

そんな時、感情にまかせて反応すると

「まいったなー」「嫌だなー」「ついてないなあ」

って事を口に出してしまうかと思いますが、

そんな時

「いよいよ私の出番が来たか」「嬉しい」「ついてる!」

って意識して思うようにすることで、エンパワーな面が発揮できてくるんだと思います
上村さんが言っておられました

「私はてっぺんの大嶋さんや、伝説のホテルのつるちゃんとは違います」

そんな上村さんだからこそエンパワーメントの重要さを認識され、
そして研究され続けているんだと思います。
こちらに上村先生の著書が無料でダウンロードできるサイトをご紹介します

http://www.empowering.co.jp/download.html

上司としての自分、部下としての自分、として読むのにふさわしい内容かと思います

上村先生、今回は本当にありがとうございました

また、近いうちにお会いできる事を(11月11日に(笑))楽しみにしております!

 

コメントを残す