【開催報告】第80回深セン和僑会定例会「起業家のためのブランディング&PR‐やりたい仕事をずっと続けるための仕掛けづくり‐」

第80回深セン和僑会定期交流会議事録

テーマ:起業家のためのブランディング&PR‐やりたい仕事をずっと続けるための仕掛けづくり‐
講師:株式会社iNTO代表取締役/ PRプロデューサー 小松崎友子氏
日時:2015年5月9日(土)15:30~17:30(15:00受付開始)…
場所:深セン粤海酒店11階会議室
懇親会:18:00より粤海酒店1階レストランで開催(立食パーティー形式)

今回の講師は、日本と香港を股にかけてご活躍されている株式会社iNTO代表取締役/ PRプロデューサーの小松崎友子氏よりご講演頂きました。小松崎氏は大学卒業後、個人向け営業、広告代理店を経てPRプロデューサーとして独立されました。新商品発表会や記者会見などのPRイベント、テレビ・新聞をはじめとしたメディアとのコラボレーションによるPR、映像を活用したPRを数多く実施しています。市場における企業の本質的な価値を見出し発信する戦略が成果を上げ評価を得る中、2011年3月株式会社iNTO(イントゥ)を設立しました。会社設立直後、東日本大震災が発生、閑散とする東京をみて、これからは日本のマーケットだけではなく、海外のマーケットとの取引に力を入れていかなければならないと実感したそうです。2014年3月香港法人を設立、香港マーケットを中心としたアジアにおける日本企業のマーケティングパートナーとして、日本の商品および訪日観光マーケットの拡大を目指し活動しています。

株式会社iNTOホームページ

http://www.in2jp.com/index.html

今回の定期交流会では、以下の内容に関してご講演頂きました。

○ブランディングってなに?
○自社の「商品」を通じて世の中にどんな価値を与えられるのか?‐コンセプトメイキング‐ ・自社商品は本当に求められているものなのだろうか ・競合他社と比べて自社の強みは? ・世の中にどんな価値を与えていきたいのか?
○ブランディングで大切な「2つの認知」
○これがなければ始まらない‐ブランディング必須アイテム‐
○世の中にメッセージを発信しよう ・広告宣伝とPRの違い ・それぞれの手法
○マスメディアとの付き合い方
○ずっと続く企業づくりのために

講演後の懇親会において、参加者から以下のようなコメントを頂くことができました。

「何となくこんなことだろうと考えていたブランディングやPRに対する認識が一気に理解できました」
「頭の中のモヤモヤしていたものがスッキリし視界が広がりました」
「新商品ローンチの準備をしておりまさにブランドの方向性を探っているところだったので大変勉強になりました」
「新規事業を立ち上げる準備をしているのですが方向性は間違っていないと確信できました」
「現在は会社員でこれから起業しようかどうか迷っていたのですが起業に向けて動いていこうという想いが強くなりました」
「自分の仕事はブランディングなんて関係ないと思っていましたがそうではないのだということがわかりました。これから学んだことを生かしていこうと思います」
「今日学んだことを活かして、現在手掛けている商品のマーケット拡大につなげていきたいと思います。」
「ブランディングに関する本をいろいろ読んできたけれど小松﨑さんの考え方は今までの本には書かれていなかった。ほかにはない視点での考え方がとても興味深かったです。」

深セン和僑会は、クロスジェネレーション、クロスカントリーにより海外で活躍する志の高い中小企業経営者(SME)をつなぎ、情報・技術・ビジネス交流を行なうともに、海外で企業のリーダーを目指す人達の交流を促進し、成功を応援する会です。毎月の講演会、プレゼン研修、工場見学などを開催しておりますので、経営者や起業家に限らず、駐在員や学生の方もお気軽にご参加ください。

今後、深セン和僑会から定期的にイベント案内を希望して頂ける方は、以下のHPより「メールマガジン登録フォーム」をご記入頂ければ幸いです。お問い合わせはメールでお気軽にどうぞ。

HP: http://www.szwakyokai.com/
Facebook: 深セン和僑会

1

2

3

4

5